FC2カウンター 美月の適当日記 遅発性ジスキネジア危険因子と誘発薬剤

遅発性ジスキネジア危険因子と誘発薬剤

またまた、遅発性ジスキネジアの記事ですみません。

遅発性ジスキネジアとジスキネジアが混同して使われているようなので、
簡単にまとめてみます。
(正確に説明しようとすると、お母ニャンのように知恵下痢になっちゃうかもしれないので、
かなり端折ってます。ですから、正確ではないかもしれませんが。)


ジスキネジアとは、日本語では「不随意運動」と言います。
この「不随意運動」というのは、本人が意図しないで、
あるいは本人の意図と反して身体の部分になんらかの運動や姿勢(肢位)の異常が生じることです。
薬剤によって誘発される不随意運動をジスキネジアと言う場合もあります。
具体的な不随意運動は、振戦、ミオクローヌス、舞踏病、チック、ジストニア、
アテトーゼ、バリズム、アカシジア(静坐不能)、など色々な症状にわかれます。

遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬(メジャートランキライザー)
の長期服用下で出現されるようになった不随意運動のことを言います。
服薬中止後持続する場合が多いですが、中止後軽減・消失する場合、
あるいは中止後、2週間以内に発現する場合、等があります。

最も頻度が高いのは、口、舌、顎、顔面筋の常同運動ですが、
四肢や、頚部、体幹の舞踏病運動をともなうこともあります。
そのほか遅発性に発現する振戦、ジストニア、ミオクローヌス等の症例報告があります。
(↑私は、ほとんどあてはまってますorz)


<遅発性ジスキネジア発現の危険因子>

  高齢、女性、
  抗精神病薬の長期服用、抗精神病薬の高容量、作用の強い抗精神病薬、
  抗精神病薬使用前から運動障害がある場合、
  糖尿病や器質性脳疾患、
  統合失調症の陰性徴候、
  リチウムを服用している感情障害患者
  アルコール中毒または依存症、
  等。


<遅発性ジスキネジア誘発薬剤>

・抗精神病薬

抗精神病薬が最もリスクが高いと考えられていますが、
それ以外で可能性があるのは以下です。

・オルトプラミド系およびベンザマイド系薬剤
  メトクロプラミド
  クレポプリド
  スルプリド(ドグマチール)
  ベラリプリド

・カルシウム拮抗薬
  フルナリジン
  シンナリジン

・抗うつ剤  
  三環系
  フルオキセチン
  パロキセチン
  フルボキサミン


なお、hebosugiさんが抗パーキンソン薬を原因薬に挙げた記事を書かれてましたが、
これは微妙かな、と思いました。
急性のジスキネジアに対しては抗パ剤を使用し効果がある場合もあります。
慢性・遅発性の場合、抗パ剤が逆効果となることもありますので、
その処方の仕方は症状により非常に難しく慎重に行われるもののようです。
でも、リチウムとの併用でリスクがあがるというのは、
hebosugiさんの主治医の言われるとおりみたいですね。
抗うつ剤も原因薬に挙がってますが、リスクの大きさからいったら、
メジャー(定型)>メジャー(非定型)>抗うつ剤
と、うちの主治医は言ってました。

また、遅発性に限らず、ジスキネジア全般についてその誘発薬剤をリストアップすると、
各症状別にもっと多くの薬が関係してきます。
ですが、急性のジスキネジアは、原因薬中止によって症状がなくなることが多いですし、
対処法もあるようですので、過剰に心配しなくてよいのではと思います。

いずれにしろ遅発性ジスキネジアにならないためには、
厚労省のマニュアルをよく読んで予防してくださいね。 



↓日本ブログ村に、遅発性ジスキネジアの「トラコミュ」を作りました。
 遅発性に限らす、急性の方、関心のある方、よろしかったら、トラックバックお願いします。
にほんブログ村 トラコミュ 遅発性ジスキネジアへ
遅発性ジスキネジア

↓日本ブログ村、ランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。
 よろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secret

知恵下痢

リンクありがとうございます。

抗パーキンソン薬→ヒベルナ?

ヒベルナはベゲAに入っている?

などとググってたんですが、お母ニャンと同様、知恵下痢を起こしそうですw

誤?

>メジャー(定型)>メジャー(非定型)>抗うつ剤
メジャー(定型)>マイナー(非定型)>抗うつ剤
かな?重箱の隅つついてすみません
ちなみに私はここ4年以上ずっと下痢です。

Re: 知恵下痢

hebosugiさん、こんばんは。

許可なくリンクさせていただき、すみませんでした。<(_ _)>

私は、ヒベルナ(ピレチア)やアネキトン(タスモリン、ピカモール)をアカシジアやジストニアの初期に少量処方され、改善しました。
ヒベルナ(ピレチア)は、抗パーキンソン剤として使う場合は弱い方だと聞いています。
一般的に抗パーキンソン剤は、薬剤性の急性錐体外路症状(パーキソニズム、ジストニア、アカシジア)に有効のようです。
ただ、慢性・遅発性となった場合は症状によって慎重に投与、減薬などが行われるみたいで、こちらは私も文献を読むと難しくて知恵下痢になりそう、というか理解不能です。

ベゲタミンは、コントミン、ヒルナミン、ヒベルナの合剤です。
私の病院ではODすると危ない薬ということで処方しないみたいですよー。

Re: 誤?

灰音さん、こんばんは。

略してしまってすみません。
抗精神病薬=メジャートランキライザー
抗不安薬=マイナートランキライザー
です。

遅発性ジスキネジアになりやすい順ということではなく、
脳への作用の強さの順に並べると、おおよそ、

メジャー(定型)>メジャー(非定型)>抗うつ剤>マイナー

の順になる聞いています。
作用が強いほど副作用も出やすい、ということでしょう。

下痢は何の影響でしょう?
ちなみに私は、精神状況や、なぜかe-176が多いと下痢しやすいです。

ベゲタミン

こんにちは。hebosugiです。

>ベゲタミンは、コントミン、ヒルナミン、ヒベルナの合剤です。

なるほど。スッキリ!

>私の病院ではODすると危ない薬ということで処方しないみたいですよー。

どのくらいからODになるんでしょうねぇ。
軽躁時には寝られなくてイライラして、ベゲAを一晩に6錠とか飲んでたことあるんですが、やばいですよね。

Re: ベゲタミン

hebosugiさん、こんばんは。

地震の為、ずっと停電していて、ついさっき回復したところです。

> どのくらいからODになるんでしょうねぇ。

決められた処方を超えたらODでしょう。

医師は通常、一回の処方で出される薬を一度に飲んでしまった場合でも危険にならない処方する、と伺いました。
とある未遂経験者に聞いた話では、ベゲじゃないと簡単には○ねない、らしいです。
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム