FC2カウンター 美月の適当日記 ジスキネジアとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジスキネジアとは

[ジスキネジア] ブログ村キーワード

ジスキネジア(ジスキネジー)とは、薬剤によって誘発される不随意運動の総称。
英語名:Dyskinesia

不随意運動とは、本人が意図しないで、あるいは本人の意図と反して
身体の部分になんらかの運動や姿勢(肢位)の異常が生じることを言い、
運動の様態によって規定の症候上の用語をあてはめて呼称する。

その症候は、振戦、ミオクローヌス、舞踏病、チック、ジストニー(ジストニア)、
アテトーゼ、バリズム、アカシジア(静座不能)、等、多様である。
これらの症候は、一種類に限定出来ず、複数の症候が混合して次々と現れる場合もある。

原因となる薬剤は、抗精神病薬、抗パーキンソン病薬、抗てんかん薬、カルシウム拮抗薬、
抗うつ剤薬、消化管調整薬、など、様々な分類の薬剤に及ぶため、
あきらかに器質性疾患ではない場合で、不随意運動が比較的急速に発現し、
意識が清明で、薬剤服用がある、などの場合には、ジスキネジアの可能性が考えられる。

中でも、主に抗精神病薬の長期服用下で出現するようになった不随意運動を
遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia,TD)という。

[遅発性ジスキネジア] ブログ村キーワード
[遅発性ジスキネジアとは] 本ブログ解説記事


<症候別>

振戦(Tremor)
 ほぼ規則的に、伸展屈曲等を繰り返すような動き。

ミオクローヌス(Myoclonus)
 身体の一部が、突然ぴくつく動き。ぴくつく場所は不特定。

舞踏病(Chorea)
 不規則で非律動的な、あたかも踊っているような運動。
 手を曲げたり伸ばしたりする運動、舌を出したり引っ込めたりする運動、
 首を回す運動、首を後ろに伸ばしたりする運動など、
 一見日常動作の一部となっている場合がある。

チック(Tic)
 運動チック
  顔面の素早い動き(目をパチパチさせる、顔をしかめるなど)、
  首を振る、腕や肩を振り回す、体をねじったり揺すったりする、
  自分の体を触ったり叩いたりする、口の中を噛む、
  他人の身体や周囲のものなどにさわる、など。

 音声チック
  咳払い、鼻をすする、短い叫び声、奇声をあげる、
  汚い言葉(しばしば罵りや卑猥な内容)を言う、
  うなり声、ため息をつくなど。

ジストニア(ジストニー、Dystonia)
 持続的に筋肉が収縮する運動、ある特定の肢位を維持し続けるようになる。

 急性ジストニア
  有痛性斜頸、眼球上転発作、舌突出、口周囲痙縮、反弓緊張、眼瞼痙攣、喉頭ジストニア。

 遅発性ジストニア
  痙性斜頸、口・舌部の持続的筋緊張、躯幹の側湾・捻転、痙性四肢運動障害。

アテトーゼ(Athetosis)
 ゆっくりとねじるような運動を行うのが特徴的。
 舞踏運動よりも非常にゆったりした動きで、休みなくその運動が続く。

バリズム(Ballism)
 近位筋優位な運動で、大きな速い動きを示し、手や足を放り出す様な動き。
 多くの場合、視床下核の病変により、対側の半身に症状が出る。
 片(半)側バリズム(ヘミバリズム、Hemiballism)という。

アカシジア(静座不能、Akathisia)
 動き回っていたくなる気分が生じ、実際には静止しているのが難しい心理状況。
 動くと安心する。
 静座不能、腰部・下肢のムズムズ感、焦燥感・内的不穏、不眠。

 遅発性アカシジア
  抗パーキンソン薬に反応せず一か月以上続くアカシジア。


<関連サイト>

ナオルコム
ジスキネジアとは(ナオルコム)


政府系サイト
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)

上記のHP内に、薬の副作用に関する厚労省のマニュアルがあります。

重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療関係者向け)

その中でも、ジスキネジア、また、関連が深いものを、以下に挙げてみました。
各マニュアルの最後には、副作用を誘発する薬剤の一覧表が添付されています。
『遅発性ジスキネジア』に関しては、『ジスキネジア』マニュアルの中に記載されています。

ジスキネジア

アカシジア

薬剤性パーキソニズム

悪性症候群

セロトニン症候群

痙攣・てんかん


最終更新日:2012/03/13

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。
この病気は気づいていない方も多いと思います。
自分もきみさんのブログを見ていなかったら、気付かなかったです。

自分は幸い軽度だと思うんですが、運動チックも当てはまるのかな?と思いました。

これからも情報発信をお願いします。

Re: No title

くみりぃさん、こんにちは。

確かに、遅発性ジスキネジアは、ひどくなってしまってから、わかる場合が多いですね。
医者も、気がつかなかったり、ひどいと知識がなかったりしますし。
それで、手遅れになっている場合もあるんだと思います。
私も、思い返すと、だいぶ前から、いろんな症状が始まっています。
そんなことも、おいおい書いていけたらな、と思ってます。
ただ、年のせいで、思い出すのが一苦労ですが(笑)
最近の記事+コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。