FC2カウンター 美月の適当日記 精神科受診 - 新主治医に不安で、遅発性ジスキネジア悪化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科受診 - 新主治医に不安で、遅発性ジスキネジア悪化

昨日は、精神科受診だったのだが、朝から眠くて仕方がなかった。
酔っぱらいのように、フラフラ歩き、なんとか病院まで行った。
病院につくなり、精神科、待ち合い室の長椅子にダウン。

昨日の診察での要点。

1.睡眠時間が減ってしまったのは、
   前回、テグレトール(カルバマゼピン)を減薬したせい、
   もしくは、ストレスになることが起こったため。
   テグレトール(カルバマゼピン)は、血中濃度が上がりすぎていたため、
   このままの量(400ミリ/日)を続ける。

2.遅発性ジスキネジアに、ビタミンEが有効だと聞いたが、処方してもらえないか?
   効果があった報告はあまり無い、食事からとった方が良いので、処方せず。

3.遅発性ジスキネジア緩和に、リボトリールを処方しているが、
  効果が感じられないので、減薬して欲しい。
  処方当初は、激的に効いたが、1か月をすぎたあたりから、症状が逆戻りした。
  副作用も強い薬であるし、無駄なら、やめて、他の緩和策を検討してほしい。
   確かに、投薬初期のみ効果があり、薄れていくケースも多いので、減薬。    
   リボトリールは、離脱症状が非常に強い(一度にやめると痙攣発作等)ため、  
   4ミリ/日 → 3.5ミリ/日 (朝を1ミリ→0.5ミリ)へ、減薬。

4.他の緩和策を調べて欲しい。
  自分が調べたところ、同病院では、アルツハイマーの薬の奏効例があるとの、文献がある。
  それも含めて、実験例でもいいから、いろいろな方法を試してほしい。
  とにかく、助けて欲しい。

主治医は、前回の診察時と比べると、遅発性ジスキネジアについて少し勉強されたようだが、
私も必死で調べて、いくつか提示した。
最近、政府が始めたらしいJ-GLOBALで調べた文献例を、いくつか持って行った。
先生は、これは、ご存じなかったようだ。
さらには、2チャンネルのスレ遅発性ジスキネジアで苦しんでる人。Part2等も読んで、
医師の立場からご意見ください
、と言ったら、
むっとしたように、私はあまりネットは見ません、と言われてしまった。

おまけに、これだけ、遅発性ジスキネジアについて議論し、処方もまさしくそれそのものなのに、
神経内科では、遅発性ジスキネジアと診断がくだったわけでないので、関係ありません
なんてことを言われてしまった。
これに対して、私も、患者に病名を告げないことで恐怖心を与えない、
というアプローチ法の文献を見ましたが・・・

と反論。

前の主治医からは、セカンドオピニオンを受けて、診断を確定してもいいと言われていた。
ただ、診断が確定したところで、遅発性ジスキネジア緩和については、精神科の方で行うので、
確定することに固執してはいない。
また、セカンドオピニオンを受けるにあたって、医師を探してはみたものの、
その分野の専門医師を見つけるのは非常に難しい。

どうも、新しい主治医と話が噛みあわない。
前の主治医だったら、丁寧に話を聞いてくださったんだが・・・。
いずれにしろ、ちょっと、先生のプライドを傷つけてしまったかもしれない。

診察が終わって、会計をしようとして気がついた。
プリントアウトして欲しいとお願いしたあった血液検査の結果、
しかも、診察中に主治医からは帰りに渡します、と言われていたのに、
渡されなかったことに気づく。
さらには、処方箋をよく見ると、不要とお願いしていたはずの薬が記載されている。
また、フラフラしながら、精神科に戻って、受付に申し出る。
見かねた事務員に、楽にして待っていてください、と言われ、長椅子にダウン。
主治医は、昼食にでも行ってしまったのか、だいぶ待たされた。

こんな単純なことで、疲れさせられては、たまらない。
また、あのような精神療法だったら、やる意味がない。
家に帰って、病院の相談部に電話相談。
新しい主治医との信頼関係を築くには、時間がかかりそう。
入院した方が早いのかもしれないなぁ。

新しい主治医への不安が強くて、遅発性ジスキネジアの症状は、思いっきり悪化。
今日は、昼までダウン。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

tag : 遅発性ジスキネジア

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。お疲れさまでした。
何かヒドイ言われようですね。
病名を告げないアプローチもあるのかもしれませんが、ねぇ!?
やっぱり、人間が変わっては、アプローチの仕方も違うかもしれませんが、もう少し患者側にいて欲しいですよね。

No title

伝えたいことが伝わらないのは、もどかしいですね。
また一からの説明もストレスですよね。
でも、病状ともかく、処方の変更や書類関係の
単純ミスで患者に時間と体力をつかわせるなんて
もってのほかですね。

ネットで見る限り、わたしは間違いなくジストニアですね。
ショックもありますが、医者から宣告されたら
もっと、ショックを受けていたかもしれません。

どの薬でなったのかということを
すごく知りたいです。
いまの主治医にきいてみたいくらいですが
年寄りなので、気分を害して、こちらにメリットは
ないかなとも思います。

きみさんのおかげで、自分の病気を知ることができました。
ありがとうございます。
わたしも、よだれが出るところから、治りましたから
きみさんも希望を捨てないでください。

No title

お疲れ様でした。
でもまだ2度目ですから焦らないで
徐々に教育して行きましょう。

No title

前の主治医とテレビ電話を使って、診察できるシステムが出来れば良いのになぁと思います。

今の主治医と良い信頼関係が築ければいいですけど、その為には向こうから歩み寄ってもらわないと駄目ですもんね。次回は更に勉強してきてくれる事を願ってます。



Re: No title

くみりぃさん、こんばんは。

お昼ご飯を食べたくて、早く切り上げたい、そんなかんじを持ちました。
精神科では、遅発性ジスキネジアとして対応しているのに、
神経内科部長が病名を確定していないので、あまり強く言えないみたいです。
医師の間に上下関係があったり、心療内科別にプライドがあったり、
こういうところが、大学病院のやっかいなところです。

Re: No title

オリーブさん、こんばんは。

せめて、自分の言ったこと、約束は守ってほしいですね。
それでないと、信頼関係が築いていけません。

遅発性ジスキネジアに関しては、医師によって、とらえ方が非常に異なるようです。
遅発性ジスキネジアの中に、遅発性ジストニアが含まれるように思っていますが、
処方は、ジスキネジア、ジストニア、アカシジアで異なるようです。
でも、ジストニアは、友の会などがあって、専門の病院もありますから、
研究も進んでいる方だと思います。

Re: No title

1shuさん、こんばんは。

そうですね、まだたった2回目ですものね。
前の主治医は、入院中に交替したので、
毎日のように顔をあわせてました、
交代初日、診察にくると言われて、1日中待っていたのに、
来ていただけなかったので、来れないなら、せめて来れない連絡を欲しい、
とナースステーションに張り紙したら、その後、毎日、来てくれるようになりました。
ただ、早朝とか、寝る前とか、の時もありましたが、先生の誠意を感じました。
これも、教育だったのでしょうか。

Re: No title

マルコさん、こんばんは。

前の主治医は、別の日に外来でいらしているので、急患で行くことはできます。
相談室の話では、引き継ぎ時に患者のカルテを読むはずだ、とのことなので、
相談室からの指示で、私のカルテを読んでくださるはずです。
また、一応、部長へも報告がいくそうなので、指導があると思います。
約束を守る、これから初めて欲しいです。
最近の記事+コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。