FC2カウンター 美月の適当日記 精神科病棟入院 - 閉鎖病棟での生活

精神科病棟入院 - 閉鎖病棟での生活

開放病棟に入院してほぼ1か月、私は、嘘のように辛い症状が軽減していた。
抗うつ剤とメジャートランキライザーをやめ、かわりにリボトリールをMAX服用したのが効いたようだった。

ところが、3月末近くなって、同部屋にものすごいいびきをかく年配の女性が入ってきた。
そのころ、私は薬で、なんとか眠れてはいたが、
夜2回、覚めたら痙攣どめを飲んで、朝まで眠りをつないでいた。
ところが、その女性のいびきたるや、ものすごくて、眠剤で寝つくことすらできなかった。
その女性とベッドの位置を放してもらったり、別の大部屋とチェンジしてもらったりしたが、
別の犠牲者がでるので、結局、その女性は元の位置に戻ってきてしまう。
高級耳腺もしたが無駄、みごとな貫徹が続いてしまったため、朝方、廊下の長椅子で寝ていたら、
危ないからと言って、えらく怒られてしまった。
そして、全く気にならなくなっていた頭の痙攣が、入院前と同じ状態に戻ってしまった。
私は、医師たちはもちろん、部長、病棟長、看護師長、患者相談室、あらゆるところに、
なんとかしてほしい、と陳情。
睡眠不足と、身体状況が元にもどってしまったショックで、
日に日に、心も体も状態が悪くなっていくため、急きょ、夫が呼ばれ、私を個室へ移す相談となった。
いびきの女性が個室へ移ればいいのだが、彼女は身寄りがなく、寂しさから入院、
いずれは施設へ病院が斡旋、という状況で大部屋が向いているということなので、
状態の悪い私が移動となった。
医療保護入院は、閉鎖病棟の個室だと、個室代がかからないということと、
何より、私の身体状態が悪すぎたらしく、任意入院から、医療保護入院へ切り替わった。

同意書にサインするなり、持ち物をいっせいに検査され、紐類、割れ物、棒状のもの、を
看護師が容赦なく抜き取り、外出着からボストンバッグまで、夫に渡して、
私は、最低限必要とわれるものと一緒に、閉鎖病棟の個室へ運ばれた。
夫と面談室で医師たちから説明を受けてから、移動まで、あっという間の出来事だった。

初日、疲れたらいいだろうと、親しくなった患者さんと、一生懸命、廊下を歩いたら、
またまた貫徹。
医師からは、1日歩くのは5分まで、と、言い渡されてしまった。
少しずつ、眠れるようになっていったが、頭の痙攣は、結局、よくはなっていかなかった。
個室には、1週間ほどいたが、夜になると、いつも大泣きしていた。
大部屋に移っても、朝方、声を殺して泣いていた。
休みに夫が面会にくると、15階の展望室へ連れ出してもらい、そこで大泣き。
まわりにいた人は、みんないなくなっていた。

開放病棟と違い、閉鎖病棟は、治療のために入院している人達ばかり。
みんな辛い症状を抱えている。
病棟外へ自由に出られないせいもあり、みんな仲が良かった。
お互い症状の辛さ、世間の偏見からの辛さ、を励ましあうことも多かった。
テレビを見る元気はなかったので、トランプ、ウノ、花札、よくゲームをして遊んだ。
性別、年齢も幅広く、いろんな話題で、盛り上がった。
退院後も、お互い、連絡を取り合ったり、会ったりしている。

結局、私は、開放病棟にいたころのように症状が軽減することはなかったが、
この症状と最低10年は闘わなければならないと覚悟をしたとき、退院の許可がでた。
あと、6割の力で生きていくこと、辛いときに一人っきりにならないこと、
駆け込み寺を作ること、などが条件だった。
閉鎖病棟に移って、この覚悟ができるまで、2か月以上かかった。

今でも、一人になると、この覚悟がくじけそうになる。
いい歳をして、たまには、思いっきり、泣くこともある。
でも、まぁ、心も体も壊れる前に、またここへ入院すればいいや、と思っている。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secret

その女性ではなくて、いびきが憎い

キミさん、今晩は。せっかくキミさんの体調が上向いて頭も楽になっていたのに、その女性のいびきで悪化してしまうだなんて本当に残念でしたね。耳鼻科かどこかで、その人のいびきの治療はしてくれたのかしら。誰だって睡眠不足や徹夜が続いたら、健康ではいられないですよね。淋しくても、その方は眠る時間だけは個室にして欲しかったです。何て事でしょう!

No title

どこに行っても人がいる限り何かの出来事は起こりますね。

いざとなったら逃げ込める場所があると割り切って
のんびりと行きましょう。

No title

大変でしたね。
せっかく、薬も副作用の少ないものに変えてもらったのに・・・

たまには泣いたりすることも必要ですよ。
自分なんか、男なのに大泣きして警察署に駆け込んだりしたこともありました。
駆け込み寺も必要ですよね。
無理せず、ゆっくりといきましょう!!

No title

どんだけ、スゴイいびきなんだろう? ^^;
困ったものですね。
きみさん、大変でしたね。
労いの言葉しか、言えませんが。。。

No title

きみさん、こんにちは、
 泣けるのもストレス解消かもですね。
最近は泣きたくても涙が出なくなりました。
一度声を張り上げて大泣きしたいものです。
私も全力を注がないではひかめに過ごさなくては
と思います。
 
 ※実は私もいびきをかくみたいで主人からうるさいと言われます。

Re: その女性ではなくて、いびきが憎い

ピーチョ、こんばんは。

その女性は、いびきをかきやすいかなり太めの体型でした。男性の看護師さんが、夜、1時間おきに、その巨体の背中に棒状の枕を入れて体位を変えてましたが、自分ですぐはずしちゃうんです。耳鼻咽喉科や、口腔外科でも、いびきの治療をしてたと思います。でも、だめだったみたいで、結局、その女性が退院するまで、両脇のベッドは空だったそうです。千葉に受け入れてくれる施設がみつかって、退院したそうでした。

Re: No title

shuさん、こんばんは。

大部屋はいろんな人がいるので、多少のことは仕方ないですね。
とくに開放病棟は、元気な人が多いですから、にぎやかでした。
静かに休むんだったら、閉鎖病棟なのですが、
長くいるのもストレスになります。
でも、いざとなったらここがある、という安心感の方が強いです。

Re: No title

くみりぃさん、こんばんは。

眠れなくなったことより、良くなっていた症状が、一気に悪くなったのがショックでした。

泣くって大事みたいですね。
入院中、医師も看護師さん達も、夫が来て病棟外へ連れ出してもらえる時は、
「思う存分、泣いておいで」って、送り出してもらってました。
その度に、展望フロアを占領していたのも、黙認してもらってました。

Re: No title

詩織(千愛)ちゃん、こんばんは。

それは、それは、すごかったですよ。
大部屋の扉をしめても、廊下に響き渡ってました。
その方がお昼寝時、他の部屋の人たちが、どんだけすごいか、聞きにきてました。

誰か、私の1か月分の入院費を返して~、です。

Re: No title

もりさん、こんばんは。

私の、うつか、そうでないか、の一番の基準は、泣けるか、泣けないかです。
うつになると、感情が無くなり、顔の表情が無になり、誰が見てもわかる状態になります。
だから、少しでも涙が出たら、直近の激うつ時期を除いて、
いつも、もううつは治った、と喜んで、すぐ持ち上げていくことができました。
気分(感情)障害なのですから、笑えないときは、泣くにかぎるように思います。
どっちもできなくなったら、病気です。

私は、8割なら納得できましたが、6割で生きろ、と言われたのはショックでした。
でも、気分安定剤があってきてから、今までの5割以下で疲れるようになりました。
疲れ知らずだった脳みそが、疲れを感じるようになったかんじですが、
人生を損している気分でもあります。

※うちは、夫がいびきをかきますが、すっかり慣れて、ないと不安になります(^^ゞ
最近の記事+コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム