FC2カウンター 美月の適当日記 2016年04月

ギター教室の効果。

効果その1、ギターを練習することで痛みをそらすことができる。

ギターを練習しているときは、ジストニアの症状があまり気にならない。(手は振るえてるけど)

精神科や神経内科で、痛みをそらすものを考えるよう言われ、あれこれ試してきた。
絵を描いてみたり、ピアノを弾いてみたり、、
神経内科の先生からは手芸が良いと言われ、試してみたけど老眼のため無理、
なかなか痛みをそらせるものが見つからなかった。

ところが、3年前、息子からクラシックギターをもらい、教わりながら練習してみたら、不思議と痛みがそれた。

全くの初心者で弾けるわけではないのだけど、ギターは楽しい、ちょっと音が鳴るだけで気持ちいい。

だけど、
頭が上を向かないよう意識して顎をひいていないと、手元が見えない。
手(特に右手)が振るえるので思うように弦に当たらない、押さえられない。
老眼のため、楽譜のおたまじゃくしが小さくて、目をこらさないとよく見えない。

こんな状況だからこそ余計に必死になるのか、目、耳、手、首、あちこち集中してるせいなのか、何故か痛みはそれる。
集中してくると、頭の筋肉がウネウネ動いているのも、口顎をモグモグやっているのも、忘れてる。
(もちろん、調子が良いときに限る、だけど。)

こんなわけで、息子が部活でお世話になった先生が近所で教室をやってらしたので、事情を話し、リハビリ目的で、ギター教室に通わせていただくことにした。もう、2年になる。


効果その2、ギター教室へ行くことで、引き篭もり防止になる。

頭が痛いと、どうしても家に閉じこもりがちだし、寝込んでしまうことも多い。
でも、教室の日は、どんなに痛くても、ぎりぎりまで寝てても、”気合で” 出かける。
(もちろん、薬に助けてもらうけど

行ってしまえばなんとかなるし、行けたことが嬉しくなって帰ってくる。(そして、ダウンする。)
でも、先生や前後の生徒さんと少し話すのも楽しいし、多少は運動不足解消になってる気がする。


効果その3、先生の弾くギターの音色に癒される。

だから、どんなに辛くても行く、練習できてなくても行く。

私は、クラシックギターの音色が好きなようで、とても癒される。(篤志君の声と同じくらい癒される(笑))
私には、辛いときこそ、音楽は必須。(うんと辛いときは歌詞がないものの方がいい)
最近は、クラシックギターのアルバムを聞くことが多くなった。(というか、ほとんどかも)
特に睡眠導入にはちょうどいい。


効果その4、先生からパワーをもらう。

先生は、去年、大きな手術をされたにもかかわらず、もの凄いスピードで復帰。
そして、さらに回復に向けて、ますます頑張っておられる。
そんな先生から、前向きなパワー、大きなパワーを頂く。

だから、ますます、辛くても行かなきゃ、と思う。(もちろん、できるだけ練習もするけどネ)


効果その5、ギターが上手くなる。

最後にしてしまい、先生には申し訳ないのだけど、
厄介な症状を抱えながらでも、続けていれば、多少は上手くなる。
(最近、息子に、ギターの音?がするようになった と言われてる)

教室で知り合った方から、上達の秘訣は”続けること” と言われた。

だから、一日一回はギターを触るようにしている。(薬の力を借りてでもネ)



↓日本ブログ村、ランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。
 よろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

最近の記事+コメント
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム