FC2カウンター 美月の適当日記 2014年08月

脳深部刺激療法(DBS)のため、装置埋め込み手術をしました。

ジストニアに対する脳深部刺激療法(DBS)を受けるため、脳深部刺激装置を埋め込む手術を受け、先日、退院しました。

私の改善したい主な症状は、①口顎の不随意運動、②頸後屈、③頭痛 です。

退院後の状態は、まだ刺激も弱い上、手術の傷や装置を埋め込んだところの痛みがあり、また病院と自宅との環境の違いもあってか、症状①、②に関しては改善傾向にあるものの安定していません。
③の頭痛の方は術後最悪となり、そのまま手術前より酷い状態が続いており、こちらは大変辛いです。

①口顎の不随意運動に関しては、先生が撮られた手術前と退院前の動画を比較すれば、かなり改善したように思います。
口をすぼめたり、舌をだしたり、眉間にシワをよせるようなことはなくなりました。
あいかわらず顎は動いていますが、
調子が良いと、顎の不随意運動が止まったり、軽くなったりして、マウスピースをはずしていても平気な時があります。
食事も柔らかいものなら、だいたい食べられるようになってきました。

ただ、ちょっと喋りにくくなったかも。
副作用として、そういうことがあると聞いていましたが、目立つほどではありません。
手術前は口をすぼめたり舌を出したりマウスピースをしていたりで喋りにくかったんですが、
そういう症状がなくなったにもかかわらず、らりるれろが言いにくい気がしています。
ゆっくりだと言えるんですが、ちょっとフランス人みたいなかんじです(笑)


②頸の後屈に関しては、顔が上を向いて固まってしまうことはなくなりましたが、頭が支えられず、後ろに引っ張られたり、ふらふら動いてしまうことがあります。だいぶ歩きやすくなりましたが、まだ杖がないと怖いことがあります。

③頭痛は緊張性頭痛で、頭の筋肉は口顎の筋肉や頸の筋肉に引っ張られて動いて感じるそうでした。
痛いからと寝込んで動かないことは痛みを悪化させる、どんどん悪循環になるとのことです。
頭痛体操、規則正しい生活をするように指導されました。
頭痛体操はやっていますが、痛くてつい寝込んでしまい、痛みが和らいでくるのに時間がかかっています。
手術後1ヶ月近くたって、少し痛みになれてきました。
でも、手術前ほどまでには戻っていません。

術後の緊張がとれ、ジストニアが改善することで、頭痛もマシになっていくのではと思ってはいるのですが、
なるべく寝込まないように自分でも努力しなくてはと思っています。
痛みや、頭周囲が動く異常感覚になれることだとも言われています。



今回の入院は、無事に装置を埋め込むのが主な目的でした。
本格的な治療、調整は、これから外来で行うことになります。
看護師さんによると、人によるようですが、長い方だと、調整を続けて、調子がよくなる頃に電池替えとなることが多いそうです。

それに、日によったり、時間によったり、体調によったりで、症状が安定しないみたいなので、
一喜一憂せず、先生を信じて、気長にやって行こうと思っています。

退院後初めての外来は1ヶ月後です。



↓日本ブログ村、ランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。
 よろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

最近の記事+コメント
カレンダー
06 | 2014/08 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
応援、よろしくお願いします
よろしかったら、ポチッと一押しお願いします。<(_ _)>
皆様の応援で頑張れます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 遅発性ジスキネジアへ
BBS
Mizuki's BBS ジスキネジア情報交換用掲示板
こちらは主にジスキネジアの情報交換の場です。

Mizuki's BBS 2 ジスキネジア一行掲示板
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム